本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
同窓会
ここから本文です

新着情報

【プレスリリース】生分解性プラスチックは深海でも分解されることを実証 ?プラスチック海洋汚染問題の解決に光明?

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞?成果等 [tag]

東京大学、海洋研究開発機構、群馬大学、製品評価技術基盤機構、産業技術総合研究所、日本バイオプラスチック協会は、様々な生分解性プラスチック(注1)(ポリ乳酸(注2)を除く)が、神奈川県の三崎沖(水深757?m)、静岡県の初島沖(水深855?m)、伊豆小笠原島弧海底火山付近の明神海丘(水深1,292m)、黒潮続流域の深海平原(水深5,503?m)、日本最東端の南鳥島沖(水深5,552?m)の全ての深海(注3)で、微生物により分解されることを世界で初めて明らかにしました。
生分解性プラスチック表面には無数の微生物がびっしりと付着し、時間と共にサンプル表面に粗い凸凹ができて、生分解が進行する様子が観察されました(図1)。深海における生分解速度は、水深が深くなるにつれて遅くなるものの、全ての深海底で生分解されることも確認されました。水深約1,000?mの深海底では、本研究で用いた生分解性プラスチックで作製したレジ袋は、3週間から2ヶ月間で生分解されることも計算により推定されました。
今回、菌叢解析(16S rRNA遺伝子アンプリコンシーケンシング(注4))およびメタゲノム解析(注5)により、深海から生分解性プラスチックを分解できる新たな分解微生物を多数発見することにも成功しました。さらに、発見した分解微生物は、世界中のさまざまな海底堆積物(注6)にも生息していることが明らかになり、分解が実証された生分解性プラスチックは、世界中のいずれの深海でも分解されると考えられます。
本研究成果により、将来の海洋プラスチック汚染の抑制に貢献する優れた素材として、生分解性プラスチックの研究開発の進展が期待されます。

本研究成果は、国際科学専門誌「Nature Communications」オンライン版(日本時間2024年1月26日)に掲載されます。

1:深海における生分解性プラスチックの分解微生物による生分解

有人潜水調査船「しんかい6500」により深海底に設置して3ヶ月後の生分解性プラスチックサンプルには、マリンスノー(注7)が堆積している様子が観察されました。サンプル表面に付着した無数の微生物の作用により、サンプル表面にクレーターが形成するように生分解が進行することが明らかになりました。

プレスリリース資料はこちら

関連リンク

粕谷健一 教授 研究紹介はこちら
群馬大学食健康科学教育研究センター ホームページはこちら
富士通デザインセンター DESIGN SPECTACLES インタビュー記事 海洋生分解性プラスチックの研究者に聞いた 前編はこちら 後編はこちら

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です