本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
資料請求
同窓会
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

群馬大学大学院 新研究科

 

 食健康科学とは、医科学、保健学、食品科学、食品生産工学、環境科学を基盤とする学問領域であり、食と健康に関するエビデンスを探求することにより食を通した健康社会の実現を目指し、また、これらのエビデンスをベースとする高付加価値かつ低炭素な食品及びその生産システムを創出することを目的とします。今後大きく進むことが予想される産業構造の変化にも柔軟に耐え得る社会を実現するイノベーションの創出、新産業創出による新たな雇用創出、また、これらを担う高度専門人材?研究者の継続的な育成へと展開し、食健康科学を基軸にSDGsの達成を加速し、「地球規模の課題解決や社会変革に繋がるヘルスイノベーションを創出する機能」と「地域産業の生産性向上や雇用創出を牽引し、地方自治体、産業界、金融業界等との協働を通し、研究力を活かして地域課題解決をリードする機能」の両方の強化により、人類と地球の幸福度を持続的に高めるヘルスプロモーションを牽引します。

課程 修士課程
学位 食健康科学
育成する人材像 食健康科学研究科は、人の健康な生活の追求だけでなく、食の生産?流通?消費に関わる環境や社会の健全性の維持?強化にも合わせて取り組みます。学部教育によって培われた個々が有する保健学、食品科学、食品生産工学、環境科学に関する専門性を基盤に、食品工学から健康科学にまたがる横断的な高度専門知識を身に付けることで、世界人口の健康向上、脱炭素社会の実現等の世界規模の課題解決や、高付加価値食品の開発等による地域の産業振興に資する人材を養成します。

修了後の主な進路

大学?研究機関、公官庁、自治体、製造業、食品産業、医療機関、製薬業、医療機器メーカー、農協、農業法人、農業関連企業など

キャンパス

  • 荒牧キャンパス
  • 竞彩猫
  • 桐生キャンパス

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です